健康音読ウォーク講師募集   ・音読とウォーキングはどなたにも簡単にできる有酸素運動

HOME | 音読ウォーク開催

健康音読ウォーキング

歩きながら音読・ウォーク音読は効果が増します。

歩きながら音読の効果

 散歩をすると脳が活性化する、ということを聞いたことはないですか。

 

足裏にかかる圧力が血流を促し、脳血流が上がります、脳への血流が多くなると、脳は活性化し、記憶力がアップします。

 

歩きながら考えて成果を上げた偉人の方も多いです、二宮尊徳さんをはじめ、アップルの創設者「スティーブ・ジョブズ」氏、天才音楽家の「ベートーベン」、進化論を唱えた「チャールズ・ダーウィン」、相対性理論の「アルベルト・アインシュタイン」達は歩きながら考えることが多かったと言われています。

歩きながら音読をすることで、脳内にドーパミンという成分が活発に排出され、記憶力も向上すると言われています。

ウォーキング効果

 
「ウォーキングとは、長時間継続して歩くことで有酸素運動ができる手軽な運動である」
「継続時間が長くなるにつれて脂肪をエネルギーとして利用する比率が高まるため、体脂肪の減少による肥満の解消や血中の中性脂肪の減少、血圧や血糖値を改善する効果が見込める」と言います。
(厚生労働省)

インターバルウォーキングが健康になる2つ理由

1.元気になる「筋力」を付けましょう。

  筋肉を付けるには「ちょっとキツイ」と感じる程度の運動が必要です。

 

2.スタミナ力がアップするミトコンドリアを増やしましょう。

  ミトコンドリアを増やすには「ちょいキツイ」を感じる運動が必要です                           

 
音読ウォーキング

ノルディックウォーキングとは

2本のポールを使用するウォーキングです。
ポールを使用することで足腰への負担が少ないので長時間歩行も楽々です。
足腰だけでなく上半身の筋肉を使用する全身運動です。
ポールを使用するので姿勢が良くなり、若々しくなります。

 
  • ユーチューブ動画をご覧ください

インターバルウォーキングを取り入れます

インターバル速歩とは
やり方(例)最初、3分間 普通にゆっくり歩きます。
      次にスピードを上げてややキツイ速度で3分間歩きます。
これを3~5セットおこないます。

 

あなたの歩く歩幅は何センチですか。

 
一般的な目安は身長の45%と言われています
正確に計測して調べるのもいいかもしれませんね。